2017/11/29
お仕事内容

ピッキングとは?アルバイトの作業内容とやり方についてご紹介!

 

ピッキングがどんなことをする仕事なのか、知っていますか?

「聞いたことはあるけれど、どんな仕事なのかいまいちイメージが掴めない」という人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、「アルバイトでピッキングをやってみたい」「詳しく知りたい」「できそうならやってみたい」という人に向けて、ピッキングのアルバイトの仕事内容やメリット・デメリットをまとめました。

 

この記事を参考にすれば、ピッキングの仕事の全体像がイメージできるようになるので、自分に合った条件のいい仕事を探すことも可能になります。

 

ぜひ、じっくり読み進めてみてください。

 

ピッキングとは?

ピッキングとは、倉庫や工場内で指定された商品を集める作業のことを指します。

例えば、自分がネット上で欲しい商品を買うのをイメージするとわかりやすいと思います。

 

通販サイトで注文が入ったら作業員が倉庫内に納めてある商品を探して、お客様のもとへ出荷するところまで行います。

 

本・衣料品・食品・家電・生活雑貨など品物は様々ですが、注文伝票や指示書に従って商品を探し出す作業が主な業務です。

 

ピッキングというと一般的には、荷物や商品を集める作業のみを行うことがほとんどですが、現場によっては商品の入荷・仕分けや梱包、検品も業務に含まれることがあります。

 

一人ひとりに仕事が分担され、やることは違ってきますが、ピッキングの仕事に必要なのは作業の正確さと速さです。

 

ひとことにピッキングと言っても、大きく分けて「摘み取り」と「種まき」の2種類に分かれています。

 

以下ではそれぞれの仕事のやり方や特徴を詳しく解説していきます。

摘み取りとは?

引用:http://www.atoxgrupo.com/website/sites/default/files/image_galleries/picking_12_1.jpg

 

ピッキング作業の「摘み取り」はシングルピッキングとも呼ばれ、作業員一人ひとりが注文別に必要な商品を倉庫内から探してくる作業のことを指します。

 

かごやカートを使って自分の足で倉庫内から指定された商品を集めてくる必要があり、中小企業に多く見られる作業形態です。

 

人間の足によって荷物が集められるので小回りがきき、出荷までスムーズにいくため、一度に出荷する商品の種類・数が少なく配送先が多い個人向けの通信販売の配送に用いられる方法となっています。

 

小回りがきくためにひとつのオーダーをこなすのは簡単ですが、作業員の移動距離と時間がかかるのがデメリットです。

 

そのため、摘み取りの作業員はどこにどんな商品がおいてあるのかを把握し、伝票の商品を最短ルートで集荷できるように工夫しなければいけませんし、体力も必要です。

種まきとは?

引用:https://www.qualitydigest.com/IQedit/Images/Articles_and_Columns/Aug_2011/EMS_MC3100_Warehouse2.jpg

 

一方の「種まき」はトータルピッキングと呼ばれており、まとまった商品を注文ごとや出荷先ごとに仕分ける作業です。

 

「摘み取り」とは逆で、少ない出荷先に少ない品数を大量に出荷するような、大きな倉庫や工場で採用されており、ベルトコンベアに流れてくる箱やかごに担当商品を入れていく、流れ作業のようなイメージです。

 

摘み取りとは違って自分の足で倉庫を移動することはありませんが、作業の流れを中断させないためにも、正確で迅速な作業が求められます。

 

基本的には分担制で、作業員の移動距離が短くなることで効率がいいのですが、全体の作業状況が把握しづらいのがデメリットです。

 

勤務時間や時給は?

ピッキングの仕事は、アルバイトや単発でも可能です。勤務条件は求人によっても異なりますが、アルバイトで1日4時間から・アルバイトでフルタイム、週に1〜3日など多様な働き方ができます。

 

勤務時間も日中だけでなく、深夜に働ける現場も多いので「まとまったお金を稼ぎたい」「働きながら学校へ通う」といった人も多く働いています。

 

時給も求人によって異なりますが、相場は時給1,000円〜1,200円となっています。

 

深夜手当や残業手当が支払われる場合にはさらに高くなります。

 

単発や短期の契約の場合には、給料の日払いや週払いに対応してくれる企業もあるので、すぐにお金が必要な人にも人気のある仕事です。

 

ノルマはあるの?

ノルマがあるかどうかは、勤務先によって大きく異なります。

とくに宅配会社の場合は日によって配送量が変化しますし、お中元・お歳暮などのシーズンによっては大量に仕事をこなさなければならないときもあるでしょう。

 

システムで全体の作業量に対して個人の作業量がふりわけられるような大企業の場合には、アルバイトでも「◯分以内に●個」のような細かいノルマが決まっていることも多いです。

 

作業が遅い・ノルマをこなせないからといって、すぐに解雇されるわけではありませんが、指導の対象になるので自分で工夫して作業に取り組む姿勢が必要となってきます。

 

必要な資格は?

ピッキングの仕事をする上で必要な資格はありません。ただ、フォークリフトの資格を持っていると優先的に採用されたり、時給の高い仕事に就くことができたりします。

 

フォークリフトの資格を取るために必要な講習科目や受講時間は、条件によって異なりますが、11時間〜35時間の学科と実技で22,000円〜42,000円程度で取得できます。

 

資格取得以外にも、特別教育という「積載最大荷重1トン未満のフォークリフトを運転できる」講習が17,000円程度で行われています。

 

持っていて損する資格ではないので、スキルを身につけてしっかり稼ぎたいという人や本格的にピッキングを仕事にしたいと考える人は、資格取得を考えてみてもいいかもしれません。

 

ピッキングのアルバイトのメリット

ピッキングの仕事は人間相手の仕事ではないので、人と接することが少ないため、職場の対人関係や接客にストレスを感じないというメリットがあります。

 

また、就業先を選べば自分の好きな製品・仕事内容を扱う企業の裏側を知ることもできます。

 

ピッキングは仕事の内容も単純作業が中心で、工夫しながら自分のペースで仕事ができるため単発・短時間でも働けるので日雇いのアルバイトも多く、急にお金が必要になったときにも働けるのがメリットです。

 

基本的には自分の都合に合わせて仕事をいれられますし、お中元・お歳暮・年末年始などのシーズンによっては短期で大量に募集がかかるので仕事を見つけやすく、学生の短期のアルバイトなどが増えます。

 

仕事は基本的に動きやすければ私服でも可能で、髪型も自由という企業がほとんどです。そのため派手な外見をした人でも働けるのがピッキングのアルバイトなのです。

 

ピッキングのアルバイトのデメリット

機械相手の単純作業というメリットは、人によっては「つまらない」「飽きてしまう」というデメリットにもなります。

そして単純作業とはいっても、効率や速さが求められる仕事でもあるので、頭を使わないと難しい場面もあるでしょう。

 

仕事自体は人との関わりがなくても、作業の合間や休憩時間での人間関係は完全にはなくならないと考えたほうがよいでしょう。

 

また、仕事中には階段の昇り降りが多かったり、移動距離が長かったり、重いものを持ったりという仕事も多いので、身体が疲れやすい・身体を痛めるといったデメリットもあります。

 

そして作業現場によっては冷房が効きすぎていたり、冷房がまったく効いていないので暑すぎたり、真夏の屋外で作業したりといった場合もあるので、自分で着る服を工夫して体温調節をしたり、こまめな水分補給を怠らないようにしたりしなければいけません。

 

あなたは向いている?向いていない?

ピッキングの仕事は、与えられた仕事を正確に・早くこなすことが好きな人や同じ仕事を淡々とこなすのが好きな人に向いています。

逆をいえば、臨機応変さが求められる仕事が好きな人や、人とのコミュニケーションを重視した仕事が好きな人には向いていないでしょう。

 

ピッキングは決まった作業をこなしていき、目に見えた成果が出るので達成感を得られやすい仕事でもあります。自分の作業で仕事が減っていくのが可視化されていると、モチベーションが上がり楽しく仕事ができます。

 

作業量が目に見えてクリアされていくことに達成感を覚える人や、黙々と自分の作業をこなすのが得意な人は、ピッキングの仕事に向いているといえます。

 

ピッキングで身につくスキル

ピッキングの仕事では、一つの作業を正確に早くこなすために「どのように工夫すればいいのだろう」「この作業をこうやってみよう」といった思考力が身につきます。

 

ピッキングは一人で業務を行いますが、大枠でみればチームワークでもあります。

 

ピッキングはスキルが身につかないという意見も多くありますが、少しの工夫で相手が仕事しやすくなる・効率よく仕事をするために改善するといった考え方は、どんな仕事をする上でも必要なスキルです。

 

首都圏でピッキングのお仕事をするならコチラ

いかがでしたか。ここまでにまとめた項目で、ピッキングのアルバイトの仕事内容を把握し、やってみたいと思ってもらえたでしょうか。

 

慣れるまでは大変な仕事かもしれませんが、自分の予定に合わせて短期・長期問わずフレキシブルな働き方ができますし、給料の面からもスーパーやコンビニの仕事よりも効率よくお金を稼ぐこともできます。

 

他人に左右されない集中できる環境で仕事ができるので、向いている人にとってはスキルアップや達成感を味わいやすく、働きやすい環境であるといえるでしょう。

 

日雇いや単発で仕事にくる従業員も多いので、色々なバックグラウンドを持った人と出会えるのもなかなか興味深いものです。

 

ただ、ピッキングの仕事は、重いものを運ぶ力仕事や寒い・暑い場所での作業も含まれるので、提示された条件は事前にしっかりと確認しておくか、問い合わせをすることでミスマッチを防ぐようにしましょう。

 

以下のページに、東京でピッキングのアルバイトをする際に知っておきたいこと・実体験や口コミが網羅されています。

 

お仕事へ行く前にぜひチェックしてみて下さい。

テイケイワークス東京ではスマホアプリの動作チェックをはじめ、様々な軽作業のお仕事を紹介しているので、自分の希望に合ったアルバイトをチェックしてみましょう。

 

シール貼り以外の仕事が気になる方は、
↓こちらの記事も要チェック!!

>>未経験でも大丈夫!軽作業のアルバイト7選!

 

>>大人気!データ入力のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>スマホアプリの動作チェックのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>フォークリフトとは?アルバイトのお仕事内容とやり方についてご紹介!

 

>>大人気!化粧品・医薬品の検品のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>大人気!サンプル品の封入のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

 

>>大人気!シール貼りのアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

関連記事

箱詰めバイトの評判って?始める前に知りたい仕分けバイトの口コミ

気軽に始められて、短期間でも長期間でも働ける便利な仕事、「軽作業ワーク」。 男性が働くイメージが強いものの、女性も活躍できるのがこの仕事の特徴! 注目を集めている軽作業ワークですが、メインの仕事は「仕分け・検品・梱包・ピ

ピッキングとは?アルバイトの作業内容とやり方についてご紹介!

軽作業のカテゴリーに入る「ピッキング」。 季節に関わらず1年中人材募集があって働きやすいと評判です。 倉庫が主な仕事場となり、男性が働くイメージが強いものの、今では女性も活躍している仕事なんです! でも、具体的にピッキ

未経験でも大丈夫!軽作業のアルバイト7選!

シーズンによって求人が増える「軽作業」のアルバイトは、時給も高く魅力的ですよね。 ですが「経験もないのにできるか不安」「どんな仕事をやるのか知りたい」と思っている方も多いでしょう。 はじめてやる仕事は不安も多いですし、少

大人気!化粧品・医薬品の検品のアルバイトとお仕事内容ついてご紹介!

「軽作業バイト」というカテゴリーはよく目にしたことがあるかと思います。 主にピッキング・仕分け・検品・梱包が軽作業の代表的な業務であり、その中でも今回は検品にスポットを当ててご紹介! 様々な商品を取り扱う検品作業ですが、

即日勤務OKのバイト9選。即日勤務でお金を稼ごう

即日勤務とは、言葉の通り面接やバイトの応募に行ったその日に採用され、そのまま働くことを意味します。 多くの場合、単発の仕事であったり短期間の仕事になりますが、履歴書の提出や面接が行われることはありません。 もちろん中には面接が実